占いの種類と適性

タロットカードで占えること、向いているご相談

1.全体の運気・仕事運・恋愛運

仕事運、恋愛運などざっくりとした運気を読めます。大きな見通しや心構えや注意点などをお読みします(現在から3ヵ月~6ヵ月くらいの期間が目安です)。

2.相性について

片思いの相手/彼氏/元カレ/パートナー/企業とのご縁のあるなしや運気、最善の対応策や相性をお読みします

3.三択に絞っての鑑定(2~4択でも可)

複数の選択肢の中から、それぞれの可能性や運気、相性についてお読みします。

たとえば、仕事の適性の場合、業務内容(事務/営業/企画)、または業種(アパレル/飲食/運送)などの選択肢を挙げていただき、どれがいいのかを見る事ができます。恋愛に関する質問(Aさん/Bさん)、時期に関する質問(今~1か月/1~3か月/3か月以上先)も可能です。

また、『#マナカ白猫タロット』というTwitterのタグにて簡易版のタロット回答をしております。そちらもご質問や回答のご参考にしていただければ嬉しいです。

西洋占星術で占えること、向いているご相談(出生ホロスコープ)

その人の生まれた時間に10個の天体(太陽や月、水星、金星など)がどこにあるかを描いたものが出生ホロスコープです。ホロスコープの天体とサイン(◯◯座)や、ハウスという位置により意味を読みます。

その人の魂の設計図です。

1. 自分の中の性質や資質、運命や才能など

何が得意なのかどんな資質なのか、どんな運命なのかなどを読むことができます。

人により読めるものが違います。仕事中心の人もいれば、家族のことが中心に書いてある場合もあるのです。また、自分を知ることにより、自分に相応しいパートナー像もお読みすることができます。

2. 相性鑑定

ご自身の生まれた時の星の並びと、相手の方の星の並びをそれぞれ確認し、相性のチャートを作ることができます(マジレスホロスコープの#3などもこれになります)。

相手の誕生日がわかれば相性占いも詳しくわかります(生まれた時刻がわかればさらに良いです)。

質問の例

タロットにしても占星術にしても、ご相談1つに対して1鑑定となります。一番知りたいことは何でしょうか?

  • 「自分の強みや良いところを知りたい」(出生ホロスコープ鑑定)
  • 「○○するための勉強方法や努力の方向が今のままで良いのか?」(タロット鑑定)
  • 「転職したい企業、A社とB社、どちらが良いか?」(タロット鑑定)
  • 「〇〇の時期はいつが良いのか?」(タロット鑑定)
  • 「結婚したい相手との相性は?」(タロットでも占星術でも)
  • 「今彼と他の人と迷っているのでどちらが良いか?」(タロットでも占星術でも)
  • 「やたら運が悪い気がするのだけどなんなの?」(占星術&タロット両方をおすすめ)

 

どんな人(特性)といつ(時期)縁があるの?」というような質問は、2件分のご相談となりますのでご注意ください。

一番気がかりなことをお教えいただけましたら、適している占式をお選び、オススメさせていただきます。(鑑定前のご相談を整理するための対応もしております。)