☆超!柔らか占星術基礎知識☆①

用語解説・基礎知識その1

「ルーラーシップ(支配天体)」「12星座の対応部位」「年齢域」についてはその2
「ホロスコープの種類」「アスペクト(角度)」「サビアンシンボル」についてはその3
を見てください☆

ホロスコープ

ホロスコープはその人が生まれた時に、空に10天体がどこにいたかを示す図面です。「惑星」が + どの「星座」(サイン)で + どの「室」(ハウス・場所)にいて + 誰とどんな「角度」(アスペクト)なのか、を読み解きます。

基本10天体

惑星に意味がつけられています。また、星座ハウス角度、にそれぞれに意味や性質があります。

内惑星

  • 太陽  自己アイデンティティ、人生の大看板。人生のメインテーマ
  • 月   感情、本性、自室に入った時に出てくる姿
  • 水星  知性、思考、論理、言語、コミュニケーション、初等教育
  • 火星  情熱、攻撃性、事故、積極性、競争力、男性性
  • 金星  美意識、愛、趣味、魅力、調和、女性性
  • 木星  拡大、成長、幸運、発展、寛大

土星  責任、試練、保守的、組織力、老成

外惑星

  • 天王星  独立性、発明、覚醒、閃き、変革、革命、電気、未来
  • 海王星  液体、芸術、トランス、お酒、幻想、超感覚、神秘主義

冥王星  破壊と再生 こだわり、闇、深刻、全面的な、根本的な変化

(この他に小惑星や計算で割り出された角度や点(感受点)を考慮します。キロン、ジュノー、ベスタ、セレス、パラス等)

ASCとMC

ASCはホロスコープを出した日の地平線、MCは正午の位置になります。ホロスコープを読むときに重要な感受点です。

  • ASC 自己のスタート、起点、基礎的な情報

MC 人生の頂点で目指すべき姿、憧れ、社会的到達点

感受点惑星と同じように読みます。

ハウス

ホロスコープは1~12室(ハウス)に分けられ、それぞれ部屋に意味があります。以下は一例です。

  • 1室 自己
  • 2室 財産
  • 3室 コミュニケーション・初等教育
  • 4室 家庭・帰る場所・居場所
  • 5室 表舞台・遊び場
  • 6室 保健室・事務室・仕事場
  • 7室 パートナー・結婚
  • 8室 遺産・生死
  • 9室 高等教育・海外・異文化・哲学
  • 10室 社会・奉仕・実業・出世
  • 11室 友人知人・サークル

12室 神秘・秘密・深層意識・死後の世界・霊感・夢

12サイン

春分の日が占星術では新年の境目になります。それぞれの星座が固有のイメージを持ち、また、カテゴリー分けされています。

牡羊座 

「私は~である」衝動、直線的(生まれるエネルギー)
活動/火/男性

牡牛座 

「私は持っている」五感、マイペース、五感的な美(触って確かめる世界)
固定/土/女性

双子座 

「私は交流する」知性、軽さ、言語(言葉を交わして知る)
柔軟/風/男性

蟹座 

「私は感じる」感情、情緒、防御、保護(仲間を内側に入れる水槽)
活動/水/女性

獅子座 

「私は創造する」野心、自信、王者(舞台に立つ主役級)
固定/火/男性

乙女座 

「私は奉仕する」分析、道徳心、恥じらい(保健室、事務室の教員)
柔軟/土/女性

天秤座 

「私は量る」バランス、調和、上機嫌、社交(大人の社交場)
活動/風/男性

蠍座 

「私はコントロールする」集中、執念、重み(地下室、深海、殻の内側の水)
固定/水/女性

射手座 

「私は思索する」獣のパワーと賢者の智慧、楽天的(冒険、大学、海外)
柔軟/火/男性

山羊座 

「私は支配する」堅実、伝統、計画、努力、野心(石造りの丈夫な城)
活動/土/女性

水瓶座 

「私は普遍化する」閃き、受容、超越、ハイテク、(宇宙人)
固定/風/男性

魚座 

「私は信じる」融解、一体化、境界線のない世界(広大な海、宇宙の海)
柔軟/水/女性

[ ☆超!柔らか占星術基礎知識☆① ]占星術, , , , , 2018/08/21 12:27